老眼を治そう

まず老眼とは、近くの物体に焦点を充てる能力が徐々に衰えることです。
実は正確なメカニズムについては未だ解明されておらず、水晶体をコントロールする毛様体筋の筋力の低下が原因として仮定されています。
白髪やしわなど、老化の1つですので誰しもが通って行く道です。
40~50代で老眼を実感する人が多いです。

治療については、原因が正しく解明されていないので、これが正しい!といった治療法や対策は確立されておりませんが、いくつか存在します。

■老眼鏡
最も一般的です。不便ではありますが手軽に矯正が可能です。

■トレーニング
筋力の低下が原因とされてますので、老眼矯正トレーニングは老眼の進行を食い止めます。

■レーシック
最近流行り出しましたが、高額費用の割に失敗も多いため、危険を伴います。


かなり重度の人は手術に挑戦してみるてもありますが、誰しもが老眼になることを考えると、少しでも近くのものが見えづらくなってきたら、早めのトレーニングで進行を遅らせるのが賢い老眼との付き合い方ではないでしょうか

老眼は食い止めようがないのか?